天然理心流とは

天然理心流とは

天然理心流は剣術柔術棒術の三術からなる総合武術である。流祖近藤内蔵助長裕は遠江の人であり、初めに鹿嶋神道流を修め、諸国武者修行の後に得る所あり、寛政年間に当流を創始したとされている。両国薬研堀に道場を構えたが、多くは多摩、相模への出稽古で門人を獲得した。「天に象り、地に法り、以て剣理を究める」と言われるように天地陰陽の自然の法則に従い、極意必勝の境地に至る自在の剣法である。古流を墨守し、形稽古に重きを置くと言われ、太い木刀で相手の根が切れるまで何度も打ち合う稽古が有名ではあるが、それは一面である。当時関東を中心として盛んであった防具着用による竹刀稽古、所謂「撃剣」を早くから導入した新流派でもあった。又、これも当時の流行である「気術」(気合術ではない)の思想を取り入れた稽古体系を持っていた。

天然理心流四代目近藤勇
当流近藤系の四代目師範 近藤勇

天然理心流は近藤勇の新選組の剣として有名だが、八王子千人同心を中心に多摩の豪農層や幕臣などにも多くの門人がおり、尊王佐幕にかかわらず多くの有能な門人が活躍した。殊に「小野田東市」は「神奈川奉行所剣術師範」を始めとし「幕府講武所」後には「沼津兵学校付属小学校剣術教授」を歴任し、明治新政府でも「川村正平」などと共に活躍した。他方、近藤系門人は自由民権運動にも多くの影響を与えたと言われる。賊軍であり、況してや農民剣法であるなど自虐史観で語られがちだが、それは時代小説の世界のみである。東京、神奈川、一部埼玉、山梨にのみ伝派した地域密着型の展開も特徴の一つである。